MariaDBインストール/初期設定手順

MySQLが、SunMicrosystemsに買収され、更にOracleに買収され、先行き不透明となりました。
今後どうなるか状況を見据えつつ、MySQL の発展型である MariaDB を先行して試してみました。
手順は、MariaDBのサイトに書かれている内容そのものでとても簡単です。

目次

導入環境

  • Xen Domain-U環境(準仮想化)
  • CentOS 5.3
  • Linux kernel 2.6.18-128.1.10.el5xen

MariaDBインストール

MariaDBパッケージダウンロード

MariaDB本家 のダウンロードページ http://askmonty.org/wiki/index.php/MariaDB:Download から mysql-5.1.32-maria-beta1-Linux-i686.tar.gz をダウンロードします。今回は、32bit版を使用します。(2009/5/19現在、ベータリリースとなっています。)

# cd /usr/local/
# wget http://launchpad.net/maria/5.1/ongoing/+download/mysql-5.1.32-maria-beta1-Linux-i686.tar.gz
# ls -al mysql-5.1.32-maria-beta1-Linux-i686.tar.gz

MariaDB用OSグループ、OSユーザの作成

# groupadd mysql
# echo $?                         ← ゼロとなること
# useradd -g mysql mysql
# echo $?                         ← ゼロとなること

MariaDBパッケージ解凍

# cd /usr/local
# gunzip < mysql-5.1.32-maria-beta1-Linux-i686.tar.gz | tar xvf -
# ls -al 
# ln -s /usr/local/mysql-5.1.32-maria-beta1-Linux-i686 mysql
# ls -al 
# cd mysql
# chown -R mysql .
# chgrp -R mysql .
# ls -al

MariaDBシステムデータベース初期化

# bin/mysql_install_db --user=mysql
# chown -R root .
# chown -R mysql data
# ls -al

MariaDBデーモン(サービス)起動

# bin/mysqld_safe --user=mysql &
# netstat -nlp | grep 3306         ← 3306番ポートがLISTENになっていること。

MariaDB初期設定

MariaDB管理者パスワード設定

ホスト名:cent52、パスワード:XXXXXX で、設定します。

# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password 'XXXXXX'
# echo $?                         ← ゼロとなること
# /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root -p'XXXXXX' -h cent52 password 'XXXXXX'
# echo $?                         ← ゼロとなること

MariaDB管理者接続テスト

設定したパスワードで接続できることを確認します。

# export PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
# mysql -uroot -pXXXXXX
mysql> use mysql
mysql> show tables;
mysql> quit
# mysql -uroot -pXXXXXX -h cent52
mysql> use mysql
mysql> show tables;
mysql> quit

MariaDB管理者接続エラーテスト

パスワードをわざと間違えてエラーとなることを確認します。

# export PATH=/usr/local/mysql/bin:${PATH}
# mysql -uroot -pYYYYYY
# mysql -uroot -pYYYYYY -h cent52

ユーザデータベース作成、SQL実行確認

Databaseの作成、SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE SQL実行、Database破棄の一連の流れが問題なくできることを確認します。

# mysqladmin -uroot -pXXXXXX create testdb               ← testdbの名称でDB作成。
# mysqlshow -uroot -pXXXXXX                              ← DB作成確認 
# mysql -v -v -v  -uroot -pXXXXXX testdb < inittest.sql  ← SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE SQL実行確認
# mysqladmin -uroot -pXXXXXX drop testdb                 ← DB破棄
# mysqlshow -uroot -pXXXXXX                              ← DB破棄確認 

テスト確認用SQL(inittest.sql)の内容

 create table testtbl ( s char(8) );
 show tables;
 insert into testtbl ( s ) values ('testrow1');
 select * from testtbl ;
 update testtbl set s='testupd' where s='testrow1';
 select * from testtbl ;
 delete from testtbl where s = 'testupd' ;
 select * from testtbl ;
 drop table testtbl ;
 show tables;
 quit

おわり

ここまででMariaDB のインストールから初期設定まで一連の流れが終了です。
流石にMySQLの枝分かれのため、操作はMySQLと同じです。MySQLの知識があれば、
意識なく使えます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-19 (火) 13:28:07 (3494d)