MySQL 5.1 インストール/初期設定手順

MySQL データベースのインストールと初期設定の手順です。
MySQL 5.1 は、2008/7/8時点で正式リリースではありませんが、正式リリースの準備として本手順を作成しています。

目次

導入環境

  • CentOS 5.2
  • Linux kernel 2.6.18-92.el5

MySQLインストール

MySQLパッケージダウンロード

MySQL本家 5.1 のダウンロードページ http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.1.html から以下のパッケージをダウンロードします。今回は、Red Hat Enterprise Linux 5 RPM (x86) 用を使用。

  1. MySQL-client-community-5.1.25-0.rhel5.i386.rpm
  2. MySQL-server-community-5.1.25-0.rhel5.i386.rpm
  3. MySQL-shared-community-5.1.25-0.rhel5.i386.rpm

MySQL 5.1前提パッケージ導入

MySQL 5.1 rpmパッケージ前提のパッケージを導入します。

perl-DBIパッケージ導入

# yum -y install perl-DBI

MySQLパッケージインストール

インストール事前テスト

インストールする前にパッケージ依存関係のエラーなどないか確認します。

# rpm -ivh --test MySQL*.rpm
# echo $?

インストール

インストールします。

# rpm -ivh MySQL*.rpm
# echo $?

この後、MySQLサーバが自動で起動します。

MySQL初期設定

MySQL管理者パスワード設定

ホスト名:cent52、パスワード:XXXXXX で、設定します。

# /usr/bin/mysqladmin -u root password 'XXXXXX'
# /usr/bin/mysqladmin -u root -p'XXXXXX' -h cent52 password 'XXXXXX'

MySQL管理者接続テスト

設定したパスワードで接続できることを確認します。

# mysql -uroot -pXXXXXX
mysql> use mysql
mysql> show tables
mysql> quit
# mysql -uroot -pXXXXXX -h cent52
mysql> use mysql
mysql> show tables
mysql> quit

MySQL管理者接続エラーテスト

パスワードをわざと間違えてエラーとなることを確認します。

# mysql -uroot -pYYYYYY
# mysql -uroot -pYYYYYY -h cent52

Database作成、SQL実行確認

Databaseの作成、SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE SQL実行、Database破棄の一連の流れが問題なくできることを確認します。

# mysqladmin -uroot -pXXXXXX create testdb               ← testdbの名称でDB作成。
# mysqlshow -uroot -pXXXXXX                              ← DB作成確認 
# mysql -v -v -v  -uroot -pXXXXXX testdb < inittest.sql  ← SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE SQL実行確認
# mysqladmin -uroot -pXXXXXX drop testdb                 ← DB破棄
# mysqlshow -uroot -pXXXXXX                              ← DB破棄確認 

テスト確認用SQL(inittest.sql)の内容

 create table testtbl ( s char(8) );
 show tables;
 insert into testtbl ( s ) values ('testrow1');
 select * from testtbl ;
 update testtbl set s='testupd' where s='testrow1';
 select * from testtbl ;
 delete from testtbl where s = 'testupd' ;
 select * from testtbl ;
 drop table testtbl ;
 show tables;
 quit

おわり

ここまででMySQL 5.1 のインストールから初期設定まで一連の流れができました。この後、実稼動運用に即したカスタマイズが必要となります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-08 (火) 17:02:20 (3725d)