tracインストール初期設定手順

Webベースのプロジェクト管理/ソース管理ツール trac のインストール手順です。
本手順では、trac が最低限使えるまでを記述しています。実運用時、pluginの導入設定など別途必要になります。

目次

前提

  • trac 0.11.1 ja2(日本語版)
  • OS CentOS 5.2
  • apache CentOS標準rpmを使用

ディレクトリは、以下とする。

  • trac用 /usr/local/trac/trac
  • Subversion用 /usr/local/trac/svn

trac 前提パッケージのインストール

# yum -y install apr apr-util httpd perl-URI postgresql-libs python-genshi python-setuptools subversion
# yum -y install mod_dav_svn mod_python

trac(J) のダウンロード(インターアクト様よりダウンロード)

# cd /usr/local/src/
# wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/Trac-0.11.1.ja2.zip

trac(J) のインストール

# cd /usr/local/src
# unzip Trac-0.11.1.ja2.zip
# cd Trac-0.11.1.ja2
# ./setup.py bdist_egg
# echo $?                                        ← 0 となること
# easy_install dist/Trac-0.11.1.ja2-py2.4.egg
# echo $?                                        ← 0 となること

tracデータ(trac本体/trac用Subversion)用ディレクトリ作成

# mkdir /usr/local/trac
# mkdir /usr/local/trac/svn
# mkdir /usr/local/trac/trac

Subversionのレポジトリ作成と設定

# mkdir /usr/local/trac/svn/repos
# svnadmin create /usr/local/trac/svn/repos --fs-type fsfs
# echo $?                                        ← 0 となること

trac プロジェクト用ディレクトリ作成と設定

# mkdir /usr/local/trac/trac/projects
# trac-admin /usr/local/trac/trac/projects/trac initenv 

Project Name [My Project]> XXX Project
Database connection string [sqlite:db/trac.db]>
Repository type [svn]>
Path to repository [/path/to/repos]> /usr/local/trac/svn/repos

~~~~   Congratulations! のメッセージ確認

tracとSubversionリポジトリの同期化

# trac-admin /usr/local/trac/trac/projects/trac resync
# echo $?                                        ← 0 となること

trac用apache仮想ホスト設定

NameVirtualHost *:80 の設定、DNSの設定を事前に確認しておくこと。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf     
 ~~~~ 以下の内容を追記 ~~~~
 <VirtualHost *:80>
     ServerAdmin webmaster@example.jp
     DocumentRoot /usr/local/trac/trac/htdocs
     ServerName trac.example.jp
     ErrorLog logs/trac.example.jp-error_log
     CustomLog logs/trac.example.jp-access_log combined
     <Location />
       AuthType Basic
       AuthName "Trac"
       AuthUserFile /usr/local/trac/trac/htdocs/.htpasswd
       Require valid-user

       Order deny,allow
       Deny from all
       Allow from 192.168.11.0/24
       Allow from 127.0.0.1
     </Location>

     <Location /trac>
       SetHandler mod_python
       PythonInterpreter   main_interpreter
       PythonHandler trac.web.modpython_frontend
       PythonOption TracEnvParentDir /usr/local/trac/trac/projects/
       PythonOption TracUriRoot /
     </Location>

     SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /usr/local/trac/trac/projects/.python_eggs

     <Location /svn>
       DAV svn
       SVNPath "/usr/local/trac/svn/repos"

       AuthType Basic
       AuthName "SVN Repository"
       AuthUserFile  "/usr/local/trac/svn/repos/trac.passwd"
       require valid-user

       AuthzSVNAccessFile "/usr/local/trac/svn/repos/trac.access"
     </Location>
 </VirtualHost>

httpd認証ファイル設定

# mkdir  /usr/local/trac/trac/htdocs
# htpasswd -c /usr/local/trac/trac/htdocs/.htpasswd tracadmin

Subversion WebDAVアクセス権限設定

# htpasswd -c /usr/local/trac/svn/repos/trac.passwd tracadmin

Subversion リポジトリアクセス権限設定

# vi /usr/local/trac/svn/repos/trac.access
[/]
tracadmin = rw

tracデータ(trac本体/trac用Subversion)用ディレクトリ作成

apache経由でアクセスするためapacheユーザの権限でアクセスできるようにする。

# cd /usr/local/trac/
# chown -R apache:apache svn/
# chown -R apache:apache trac/

apacheの設定ファイル(httpd.conf)文法チェックとapache再起動

# service httpd configtest
# service httpd restart

稼動確認

trac本体稼動確認

Webブラウザからhttp://trac.example.jp/trac/ にアクセスしtrac画面が表示されることを確認する。
BASIC認証では、ユーザ名 tracadmin / パスワード(htpasswdで設定したもの)を入力する。

Subversion稼動確認

以下のコマンドでSubversionへのimport / checkout を確認する。
ユーザ情報は、ユーザ名 tracadmin / パスワード(htpasswd(Subversion用)で設定したもの)を入力する。

# mkdir /tmp/svnimporttest
# cd /tmp/svnimporttest
# mkdir svntest
# svn import . http://localhost/svn/ -m 'import test'
# echo $?                                        ← 0 となること
# mkdir /tmp/svncheckouttest
# cd /tmp/svncheckouttest
# svn checkout http://localhost/svn/ .
# echo $?                                        ← 0 となること
# ls -l                                          ← importしたディレクトリがcheckout されること。

-以上-


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-13 (木) 13:22:26 (3598d)